FC2ブログ

Home

仏検対策&フランス語学習サイト

K学院大中級AB 2020

代名動詞

■代名動詞の復習をしましょう。新しく出てくる代名動詞の複合過去と命令形に注意してください。

代名動詞0

■まずは現在形から。代名動詞は「自分に対して~する」という動詞でした。se の部分が「自分に対して~」 に当たります。se coucher は「自分を寝かせる」→寝る。主語に合わせて動詞だけでなく、se の部分も変化します。
■ちなみに否定文は Je ne me couche pas の語順になります。

代名動詞1

■代名動詞の4つの用法も確認しましょう。↑訳をつけておきます。1)私は11時に寝る。2)彼らは情熱的に愛し合う。3)ドアが閉まる。4)私は祖父のことをよく覚えている。※4)は se souvenir de で「~を覚えている」という意味になります。活用はvenir と同じです。sou+venir で考えてください。

代名動詞2

■l’un l’autre は「一方が他方を→お互いに」、間接目的語だと l’un à l’autre になります。
■Elle se lave les mains. (彼女は手を洗う)。この場合、 les mains が直接目的語、se は間接目的語、「自分に対して手を洗う」と言う意味になります。この使い方の仲間として、se laver les cheveux / le visage(髪/顔を洗う), se brosser les dents(歯を磨く) などがあります。

代名動詞6

■代名動詞を複合過去形にするとき、助動詞は常に être をとります。上の活用表で確認してください。
■se が直接か間接かは複合過去を作るときに問題になります。se が直接だと過去分詞と性数一致します。間接の場合はしません。
■Elle se lave les mains. を複合過去にすると、Elle s’est lavé les mains.(彼女は手を洗った) となって、過去分詞は性数一致しません。se が直接目的のケースでは、Elle s’est couchée.(彼女は寝た)と性数一致します。
■ちなみに複合過去の否定文は、Elle ne s’est pas couchée の語順になります。

代名動詞4

■代名動詞の命令形は、肯定命令のときの語順に注意。命令形は主語を省いて作りますが、se の部分 (te, vous, nous) は動詞の後ろに回し、ハイフンでつなぎます。その際、te は-toi となります。

人気ブログランキングへ
↑↑勉強になったら、ポチッとメルシ!!

シャンソンで条件法を学ぶ

今日はフランス語の歌に出てくる条件法現在を取り上げます。ラブソングで条件法を使うのは常套手段ですね。ラブソングは現実に反する妄想を歌うことが多いですから(笑)。

まずはルアンヌの「もしあなたがここにいてくれたら」。ルアンヌは「エール!」(NHKの連ドラではありません)という映画で主演し、日本でも有名になりましたが、歌手や女優としての成功とは裏腹に、次々と両親をなくしてしまいました。この歌は亡くなった父親に向かって呼びかけているようです。それとアニメーションにも注目。どうみても日本の風景ですよね。こういうところにもフランスの日本愛が現れています。

Louane - Si t’étais là



何度も繰り返されるサビの部分です。refrainは英語読みでリフレイン、仏語読みでルフラン。「魂のルフラン」で知られていますね。

Est-ce que tu m'entends? Est-ce que tu me vois?
Qu'est-ce que tu (dire), toi, si t'étais là ?
Est-ce que ce sont des signes que tu m'envoies ?
Qu'est-ce que tu (faire), toi, si t'étais là ?

あなたには私の声が聞こえているの?私の姿が見えているの?
あなたがここにいたら、何て言うでしょう。
これはあなたが私に送っているサインなの?
あなたがここにいたら、あなたは何をするでしょう。

ここで質問です。dire と faire はどういう形になっているでしょう。

もうひとつ、ジョー・ダッサンの「もし君が存在しないのなら」。ジョー・ダッサンは「オ・シャンゼリゼ」を歌っていた歌手として有名です。

Et si tu n’existais pas / Joe Dassin



Et si tu n’existais pas,
Dis-moi pourquoi j’existerais?
Pour traîner dans un monde sans toi,
Sans espoir et sans regrets.
最初の2行:もし君が存在しないのなら、僕が存在する理由を教えてくれ。

Et si tu n’existais pas,
J’essaierais d’inventer l’amour,
Comme un peintre qui voit sous ses doigts
Naître les couleurs du jour.
Et qui n’en revient pas.
最初の2行:もし君が存在しないのなら、私は愛を作り出そうとするだろう。

K大学 『ル・フランセ』 2020 (1)

第3課

1. フランス語の主語代名詞
フランス語の主語は次のようになっています。tu と vous の使い分け、il, ils, elle, elles が人だけでなく、モノも受けることにに注意しましょう。

フランス語の主語

ERとIR動詞

2. 第1群規則(-ER)動詞と第2群(-IR)規則動詞
フランス語には2種類の規則動詞があります。第1群規則動詞の不定詞(原形)は -er で終わり、その -er を外して語幹(活用で変わらない部分)を作ります。そして主語に合わせて語尾をつけていきます(上の表の赤い部分)。第2群規則動詞は -ir で終わり、-ir を外して語幹を作ります。-ir動詞は-er動詞と違う固有の語尾を持ちます。

ER動詞

Je travaille dans un café.(travailler:私はカフェで働いている)
Vous habitez où ?(habiter:あなたはどこに住んでいますか)
Elle écoute de la musique.(écouter:彼女たちは音楽を聴いている)
Ils mangent du poisson. (manger:彼らは魚を食べる)

IR動詞

Je finis mes devoirs.(finir:私は宿題を終える)
Vous choisissez ce vin rouge ?(choisir:この赤ワインを選びますか)
Les enfants grandissent très vite.(grandir:子供はすぐに大きくなる)
Ils réfléchissent avant d’agir. (réfléchir:彼らは行動する前によく考える)
※mes 私の(教科書:第7課参照) ce この(教科書:第4課参照)
※avant de 不定詞:~する前に、agirもIR動詞。

3. 疑問文の作り方
フランス語では、疑問文を作るには3つの方法があります。1と2はで用いられ、3は書き言葉で用いられます。

①文の語尾(最後の音節)を読むときに上げる。
Vous parlez japonais. あなたはフランス語を話す。
Vous parlez japonais ? ⤴ あなたはフランス語を話しますか。

②Est-ce que を文頭に付ける。母音始まりの主語では Est-ce qu' となる。
Est-ce que vous parlez japonais ?
Est-ce qu’il parle français ? 彼はフランス語を話しますか。

倒置疑問文

③主語と動詞を倒置する(倒置疑問文)。
Parlez-vous japonais ?
主語代名詞と動詞を倒置させる。倒置の場合はトレ・デュニオン(ハイフン)を入れます。
主語が名詞のときは代名詞で受け直し、「主語の名詞+動詞-代名詞」となります。
Jean parle français. → Jean parle-t-il français ?
3人称単数の活用語尾が母音字の場合、-t- を補って倒置します。-er動詞、あとの課で出てくるavoir(持つ)、aller(行く) でも起こります。
Aime-t- il le sport? 彼はスポーツが好きですか。
A-t-elle une voiture?(avoir) 彼女は車を持っていますか(avoir)。

フランス語の歌で果物の名前を憶えましょう。



J'aime les fruits.(私は果物が好きです)

~が好き、という場合、数えられる名詞は複数形にして言います。aimer は -er 動詞の典型的な動詞です。母音で始まっているので、少し注意が必要です。je では j'aime ジェムとくっつき、il aime, elle aime は読むときに、イレーム、エレームとつなげて発音します。主語が複数のときは、すべてリエゾンします。nous aimons ヌゼモン、vous aimez ヴゼメ、ils aiment イルゼム、elles aiment エルゼムとなります。

banane f. バナナ les bananes ⇒ les jolies bananes(キレイなバナナ)
pomme f. リンゴ les pommes
orange f. オレンジ les oranges⇒ les jolies oranges(キレイなオレンジ)
poire f. 西洋ナシ les poires

Chanson : Les jours de la semaine
©2001 Music & animation by Alain le Lait
http://www.yadeeda.com
Used with permission (この動画は許可を得て使用しています)

人気ブログランキングへ
↑↑勉強になったら、ポチッとメルシ!!

Continue reading

2020年K学院大学春学期「TaXi!」

複合過去(5/12)

■複合過去とは
複合過去は助動詞と過去分詞を複合させて(組み合わせて)作る過去形です。助動詞として avoir を使う場合と、être を使う場合があります。あとで説明するように、être を使うケースが例外的で、それ以外は avoir を使います。助動詞に avoir を使う場合、英語に対応させると「have+過去分詞」になります。形としては英語の現在完了をイメージすると良いでしょう(仏語ではあくまで過去形です)。まず、助動詞に使う avoir と être の活用を確実に覚えましょう!

etre-avoir.png

■過去分詞の作り方
不定詞の語尾が -er のとき、すべて -é
donner→donné aller→allé
不定詞の語尾が -ir のとき、多くの場合 –i:
finir→fini, partir→parti
不規則な動詞も多い:avoir→eu, être→été, venir→venu, faire→fait, prendre→pris,
boire→bu, voir→vu, lire→lu

■複合過去(1) avoirを使う場合
passecompose02.jpg

プチ練習
1. 主語を変えてみよう。
Tu as mangé de la salade.→ Elle…
Il a pris un taxi.→ Nous…
Vous avez fini ce livre.→ Ils…

2. 現在形を複合過去形に
Elles mangent du pain.→
Il fait du tennis.→
Je prends une douche.→

3.上記の枠の中の文を訳してみよう。

解答:1.Elle a mangé / Nous avons pris/ Ils ont fini 
    2.Elles ont mangé / Il a fait / J’ai pris
    3.私はマリにバラをあげた 彼はこの本を読み終えた あなたは買い物をした

■複合過去(2) ETREを使う場合
往来発着など、移動を表す自動詞には助動詞 être を使います。naître (生まれる)や mourir (死ぬ)もこの仲間です。「人生に入る、人生から出る」と考えれば良いでしょうか。助動詞に être を使う場合、主語と過去分詞を性数一致させます()avoir のときは不要)。Elle est allée au cinéma.

passecompose1.jpg

プチ練習
1. 主語を変えてみよう。
Tu es allé → Je..
Nous somme venus → Elle…
Elles sont sorties → Vous…

2. 現在形を複合過去形に
Vous sortez →
Tu vas →
Nous venons →

3.上記の枠の中の文を訳してみよう。  

解答:1.Je suis allé(e) / Elle est venue / Vous etes sorti(e)(s)
    2. Vous etes sorti(e)(s) / Tu es allé(e) / Nous sommes venu(e)s
    3.彼女は映画に行った 私たちはフランスに出発した あなたは何年に生まれましたか

■複合過去の否定文の作り方
複合過去を否定文にするときは、助動詞を ne ~ pas ではさみます。
J'ai fait la cuisine. →Je n'ai pas fait la cuisine.(私は料理をしなかった)
Nous sommes sortis. →Nous ne sommes pas sortis.(私たちは出かけなかった)


男性第2形を持つ形容詞(18課)

フランス語の形容詞は原則として名詞の後ろにつきますが、grand(大きい), petit(小さい), bon(良い), mauvais(悪い), jeune(若い), joli(かわいい), beau(美しい), vieux(古い), nouveau(新しい) など、よく使われる短い形容詞は前に付きます。

今挙げたうちの beau, vieux, nouveau は母音または無音のhで始まる男性名詞につく男性第二形を持ち、女性形も大きく形が変わります。

beau (bel) –belle –beaux -belles
nouveau (nouvel) –nouvelle –nouveaux -nouvelles
vieux (vieil) –vieille –vieux -vieilles

( )内は男性第二形 un bel arbre (美しい木) un nouvel an(新年)というふうに使います。今度は garçon(少年) と fille(少女) にそれぞれつけてみると、以下のようになります。不定冠詞の des は形容詞が名詞の前にあるとき、de に変わります。

un beau garçcon    une belle fille
de beaux garçons   de belles filles

人気ブログランキングへ
勉強になったらポチッとメルシー!

Continue reading

2020年K学院大学春学期(水1映画)

条件法(5/27)

条件法1

■まずは条件法の形から。条件法現在と単純未来は兄弟のようなものです。同じ語幹を共有して、活用語尾が違います。同じ語幹にavoirの現在をつけると単純未来、半過去の語尾をつけると条件法現在になります。

条件法2

条件法3

■条件法過去は、複合過去や大過去を作ったときのように、助動詞は avoir もしくは être の条件法現在形に過去分詞をつけます。いわゆる複合形の仲間ですね。例えば、donner の条件法過去は、avoirの条件法現在を助動詞に使うので、j'aurais donné, tu aurais donné...となり、aller の条件法過去は、être の条件法現在を助動詞に使うので、je serais allé(e), tu serais allé(e) となります。後者はもちろん、主語と過去分詞の性数一致が起こります。

条件法4

■S‘il faisait beau aujourd’hui, j'irais au parc.
Si +半過去(現在の事実に反する仮定), 条件法現在(帰結).
「今日晴れていたら、公園に行くのになあ」
Siの中で現在の事実に反する仮定をして(つまり今日は雨だが、晴れていたらと「現実と逆の仮定」を半過去で表します(実際は過去のことではなく、半過去の形を借りて「現実と逆の仮定」を表現しています)、その仮定に対する帰結を条件法現在で表します。faisait は faire の半過去、irais は aller の条件法現在です。
■S‘il avait fait beau hier, je serais allé au parc.
Si +大過去(過去の事実に反する仮定), 条件法過去(帰結).
「昨日晴れていたら、公園に行ったのになあ」
Siの中で過去の事実に反する仮定をして(つまり昨日は雨だったが、晴れていたらと「過去の事実と逆の仮定」を大過去で表します(実際は大過去のことではなく、大過去の形を借りて「過去と逆の仮定」を表現しています)、その仮定に対する帰結を条件法過去で表します。avait fait は faire の大過去、serais allé は aller の条件法現在です。
■S’il fait beau demain, j’irai au parc.
Si +現在(未来の仮定), 単純未来(未来の意志).
「明日晴れていたら、公園に行くつもりです」
この文章は未来のことで、あり得る話です。Siの内容は未来のことですが、現在形にします。
■婉曲表現
Je voudrais essayer cette robe. このワンピースを試着したいのですが。
J'aimerais avoir un autre café. コーヒーをおかわりしたいのですが。
これは英語の I would like to do に相当します。もし可能ならば…というニュアンスを含む、控えめな、丁寧な言い方になります。

条件法5

人気ブログランキングへ
勉強になったらポチッとメルシー!

Continue reading

仏検5級直前対策 O大学フランス語教室

フランス語検定試験が1か月後に迫ってきました。そろそろ仕上げに入りましょう。

1.フランス語で数字を憶えましょう。レゲエな芋虫たちと一緒に。仏検5級では1~20の数字が出題されます。



1 un / une アン・ユヌ      11 onze オーンズ
2 deux デゥ           12 douze ドゥーズ
3 trois トロワ          13 treize トレーズ
4 quatre キャトル        14 quatorze キャトルズ
5 cinq サンク          15 quinze キャンズ
6 six スィス           16 seize セーズ
7 sept セット          17 dix-sept ディセット
8 huit ユィット         18 dix-huit ディズュイット
9 neuf ヌフ           19 dix-neuf ディズヌフ
10 dix ディス          20 vingt ヴァン

Continue reading

神戸大学第2020年1Q第1回

フランス語文法

1. 名詞の性と数
フランス語の名詞は、男性名詞と女性名詞に分けられています。本来的に性を持つ名詞だけでなく、すべての名詞が男女のいずれかに振り分けられています。辞書を引いた際にチェックすることを心がけましょう。上段は男性、下段は女性名詞です。
père(父) frère(兄弟) livre(本) chemisier(ブラウス)
mère(母) soeur(姉妹) table(テーブル) chemise(シャツ)

2. 不定冠詞 un une des
初めて話題にするもの、特定されていないものなどにつけます。
un sac(バッグ、男) une table(テーブル、女)
des sacs des tables
des は母音(または無音のh)で始まる名詞とリエゾンします。des arbre(デザルブル)  des hommes(デゾム)

3. 定冠詞 le la l' les
すでに話題に出て特定されたもの、持ち主によって限定されているもの、また総称を表すときに使います。
le sac la table
les sacs les tables
le, la は母音(または無音のh)で始まる名詞の前で、l’ となります。 l’arc-en-ciel
les は母音(または無音のh)でリエゾンします。les arbres  les hommes

4. 部分冠詞
数えられない名詞につけ、若干の量を表します。
du pain(パン、男) de la biere(ビール、女)
母音(または無音のh)で始まる名詞の前で、部分冠詞は de l’ となります。de l'eau(水、女)
du courage(勇気、男)  de la chance(幸運、女) など抽象名詞にも付きます。

articles.png

☆フランス語で数字を憶えましょう。



1 un / une アン・ユヌ      11 onze オーンズ
2 deux デゥ           12 douze ドゥーズ
3 trois トロワ          13 treize トレーズ
4 quatre キャトル        14 quatorze キャトルズ
5 cinq サンク          15 quinze キャンズ
6 six スィス           16 seize セーズ
7 sept セット          17 dix-sept ディセット
8 huit ユィット         18 dix-huit ディズュイット
9 neuf ヌフ           19 dix-neuf ディズヌフ
10 dix ディス          20 vingt ヴァン

☆フランス語で曜日を覚えましょう。



月曜 lundi ランディ
火曜 mardi マルディ
水曜 mercredi メルクルディ
木曜 jeudi ジュディ
金曜 vendredi ヴァンドルディ
土曜 samedi サムディ
日曜 dimanche ディマンシュ

Il y a sept jours dans la semaine!! (1週には7日ある)

英語と全然かぶっていないので憶えにくいかもしれません。しかしながら、少しは役に立つかもしれないのが、惑星の呼び名の知識です。英語で火星は何と言いますか… Mars ですね。フランス語も同じです。だから火曜日は mardi といいます(di は day と同じ)。この調子で考えてみると、lundi<lune(月)、mardi<Mars(火星)、Mercredi<Mercure(水星)、jeudi<Jupiter(木星)、vendredi<Vénus(金星)となります。

★別歌ヴァージョンも聴いてみましょう。⇒ Les jours de la semaine Pierre Lozère

☆フランス語で月の名前を憶えよう。



1月 janvier ジャンヴィエ
2月 février フェヴリエ
3月 mars マルス
4月 avril アヴリル
5月 mai メ
6月 juin ジュアン
7月 juillet ジュイエ
8月 août ウト
9月 septembre セプタンブル
10月 octobre オクトブル
11月 novembre ノヴァンブル
12月 décembre デサンブル

動画⑦"Asking "Do You Speak English?" In France?"⇒英語で仏語を学んでみよう!これまでのまとめ的な内容です。

人気ブログランキングへ
勉強になったらポチッとメルシー!

仏検5級対策 動画で憶える動詞②

1.Qu'est-ce que tu bois ? 何を飲みますか?



J’ai soif! 私は喉が渇いている!

Qu'est-ce que tu bois le matin? 朝、何を飲みますか?
-Je bois du lait / du café. 私はミルク/コーヒーを飲みます。

Qu'est-ce que tu bois l’après-midi? 午後に何を飲みますか?
-Je bois du thé / du jus. 私はお茶/ジュースを飲みます。

Qu'est-ce que tu bois le soir? 晩に何を飲みますか?
-Je bois du coca / de l’eau. 私はコーラ/水を飲みます。

boire (飲む)という動詞は
je bois tu bois il boit nous buvons vous buvez ils boivent と変化します。
時間の表現もまとめて→le matin 朝 l’après-midi 午後 le soir 晩
du は男性名詞につく部分冠詞。
出てくる飲み物はeau(水) 以外はすべて男性名詞ですね。


2.Ou vas-tu ce week-end? 週末、どこへ行くの?



Où vas-tu ce week-end?週末、どこへ行くの?
Je vais à la mer.私は海に行きます。
Comment y vas-tu?どうやってそこへ行くの?
J’y vais à vélo.私は自転車で行きます。

où は「どこ」という疑問副詞
vas-tu→tu vas はaller(行く)という動詞が変化した形。
je vais もそうです。
je vais tu vas il va nous allons vous allez ils vont
と変化しますが、元の形 aller と大きく変わるので注意(↓の動画でも活用を確認できます)!
comment は「どのように」という意味で、この場合、交通手段を尋ねます。
y は「そこ」。
交通手段の表現ですが、電車や車のように、身体が乗り物の中にすっぽり入る場合、
前置詞は en になります。
他には en bus (バスで) en taxi (タクシーで) en avion (飛行機で)

Où vas-tu ce week-end? 週末、どこへ行くの?
Je vais à l’église. 私は教会に行きます。
Comment y vas-tu? どうやってそこへ行くの?
J’y vais à pied. 私は歩いて行きます。

Où vas-tu ce week-end? 週末、どこへ行くの?
Je vais au musée. 私は美術館に行きます。
Comment y vas-tu? どうやってそこへ行くの?
J’y vais en train. 私は電車で行きます。

Où vas-tu ce week-end? 週末、どこへ行くの?
Je vais au supermarché. 私はスーパーに行きます。
Comment y vas-tu? どうやってそこへ行くの?
J’y vais en voiture. 私は車で行きます。

3.aller



4.faire





人気ブログランキングへ
↑↑勉強になったらポチッとメルシー↑↑

仏検5級対策 動画で憶える動詞①

1.動画で動詞 AVOIR (=持つ)を使った表現を憶えましょう。



J'ai soif.(avoir soif 渇きを持つ→喉が渇く)
J'ai faim.(avoir faim 空腹を持つ→お腹がすく)
J'ai sommeil.(avoir faim 眠気を持つ→眠い)
→Quand j'ai sommeil, je dors. (私は眠いとき、私は寝る)

Je mange. (manger:食べる:ER動詞)
Je dors. (dormir:飲む)
Je bois. (boire:飲む)
Je joue. (jouer:遊ぶ:ER動詞)
Je saute. (sauter:飛ぶ:ER動詞)
Je cours. (courir:走る)

Dans le parc de chez nous (私たちの家の近くの公園で)

※その他の AVOIR を使った表現。こちらも重要です。
J'ai froid.(avoir froid 寒い:私は寒い)
Vous avez chaud? (avoir faim 暑い:あなたは暑いですか?)

J'ai mall à la tête.(avoir mal à:~が痛い→頭が痛い)
J’ai mal aux dents.(歯が痛い)

Elle a besoin de ton aide.(avoir besoin de:~が必要:彼女は君の助けが必要だ)


AVOIRの活用表を挙げておきます。ETREと紛らわしい形があるので注意!!

etre-avoir.png

AVOIR の活用をどうしても憶えられない人はこちら⇒https://youtu.be/MnUWNIN3zss

2.AVOIR を使って、「兄弟姉妹がいる、いない」



Est-ce que tu as des frères?(兄弟はいますか)
-Oui, j’ai un frère.(ひとりいます)
-Oui, j’ai deux frères.(2人います)
-Non, je n’ai pas de frères.(兄弟はいません)
Est-ce que tu as des soeurs?(姉妹はいますか)
-Oui, j’ai une soeur.(ひとりいます)
-Oui, j’ai trois soeurs.(3人います)
-Non, je n’ai pas de soeurs.(姉妹はいません)

Est-ce que を文頭につけると疑問文になります。
あと主語と動詞を倒置をするやりかたもあります。
As-tu des frères?
否定文になったとき、不定冠詞 un / une が de に変わることに注意!

3.AVOIR を使って、「年齢を言う」



Quel âge as-tu?(君いくつ?)
J'ai huit ans.( 私は8歳)
J’ai huit ans et demi.(私は8歳半です)

Tu as quel âge?と聞くこともできます。
丁寧に聞く場合は、Vous avez quel âge?
quel (何の、どんな)は男性名詞につく形です。âge(年齢)は男性名詞です。
女性名詞につく形は quelle
Quelle heure est-il?(何時ですか)
Il est huit heures et demie.(8時半です)

人気ブログランキングへ
↑↑勉強になったら、ポチッとメルシ!!

仏検5級対策 動画で憶える単語集②

1.動画で家族構成に関する単語を憶えましょう。



Aoujourd’hui je vais vous présenter à ma famille.
(今日、私はあなたに私の家族を紹介します)
Venez, suivez-moi! Tout le monde est dans la cuisine.
(来てください、私についてきてください。みんなキッチンにいますよ)

Il y a….(…がいます)

登場するのは、
mon père (私の父)
ma mère (私の母)
mon petit frère, Nicolas (私の弟のニコラ)
ma soeur (私の姉)
mon grand-père (私の祖父)
ma grand-mère (私の祖母)
mon oncle, Robert (私の叔父のロベール)
ma tante (私の叔母)

英語の my にあたるフランス語の所有形容詞は、 mon (男性単数) ma (女性単数) mes (男女複数) と変化します。 歌に複数形は出てきませんが、例えば、mes parents (私の両親)

mon père, ma mère, mes parents は
英語では my father, my mother, my parents
notre fils, notre fille, nos enfants は
英語では our son, our daughter, our children
英語では my, our は変化しませんね!

指示形容詞も含めた一覧表を挙げておきましょう。

adjectifpossesif.jpg

注意☞母音(または無音のh)で始まる女性単数名詞の前では ma, ta, sa ではなく mon, ton, son を使います。母音衝突を避けるためです。
ma amie →mon amie(私の女友だち), ta école →ton école(君の学校),
sa histoire→son histoire(彼、彼女の話)

歌の中で不在なのは誰でしょう?
それはどういう理由でしょうか?

Ma soeur n’est pas là. Elle est allée au cinéma.
(私の姉は不在です。彼女は映画に行きました)
Ma tante n’est pas là. Ce soir, elle chante à l’opéra.
(私の叔母は不在です。今夜はオペラ劇場で歌っています)

2.次に部屋の中にあるものをフランス語で憶えましょう。



登場するものたちは以下の通り。 不定冠詞を見れば、名詞の性がわかりますね。複数になっているものだけ性別を記しておきます。
un lit ベッド
un bureau 机
un ordinateur コンピュータ
un tapis 絨毯
une table de nuit  ナイト・テーブル
un placard 戸棚
un fauteuil ソファ
une lampe ランプ
des rideaux カーテン(男性) -eau で終わる名詞の複数形は -eaux
un réveil 目覚まし時計
un vélo 自転車
une guitare ギター
un piano ピアノ
des livres 本(男性)
des cahiers ノート(男性)
un tableau de Picasso ピカソの絵 (C’est un faux ! 偽物だけどね)
des jeux vidéo ビデオゲーム(男性)
un hibou ミミズク

また場所の表現がいくつか出てきいるので、まとめておきます。
Dans ma chambre, il y a un lit. 私の部屋の中にはベッドがあります。
A côté de ce lit, il y a un bureau. そのベッドのそばに机があります。
Et sur ce bureau, qu’est-ce qu’il y a ? その机の上に何がありますか?
C’est pas tout. これで全部じゃないよ。
Car il y a aussi …. なぜならば~もあるから
※ Il y a…:~がある  dans:~の中に sur:~の上に à côté de:~のそばに

ついでに他の前置詞もいくつか憶えましょう。

Il y a un stylo sur la table.(テーブルの上にペンがあります)
il y a une balle sous la table.(テーブルの下にボールがある)
Il y a un hôtel devant la gare.(駅の前にホテルがあります)
Il y a un hôtel derrière la gare.(駅の後ろにホテルがあります)

Chanson : ‘Ma famille’ ‘Dans ma chambre’
©2001 Music & animation by Alain le Lait 
www.yadeeda.com
Used with permission (この動画は許可を得て使用しています)

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top