Home > スポンサー広告 > 曜日は神々の名前から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Kiwa URL 2013-04-25 (木) 10:46

Samediの語源はSaturneではありません。「安息日」を意味する言葉から来ています。その点では英語のSaturdayの方があてはまりますね。

cyberbloom URL 2013-05-01 (水) 22:53

ご指摘ありがとうございました。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://frenchbloomcafe.blog.fc2.com/tb.php/23-18cc0e01
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 仏検対策&フランス語学習サイト

Home > スポンサー広告 > 曜日は神々の名前から

Home > フランス語表現(初級) > 曜日は神々の名前から

曜日は神々の名前から

フランス語の曜日を覚えるときに、ひょっとしたら役に立つかもしれないのが、惑星の呼び名の知識です。英語で火星は何と言いますか。Mars ですね。フランス語も同じです。だから火曜日は mardi といいます(di は day と同じ)。この調子で考えてみると、

lundi<lune
mardi<Mars
mercredi<Mercure
jeudi<Jupiter
vendredi<Vénus


と、惑星の呼び名と由来が同じだということが一目瞭然! 英語は Tuesday や Thursday など、ゲルマン語系の語源が交じっていて分かりにくいですが、フランス語はローマ語(ラテン語)直系なので、惑星名の由来となったローマ神話の神々の名前をそのままトレースしています。そのぶん、もし英語で惑星の呼び名を知っていれば、わりと類推しやすいはずです。少なくとも、出だしの文字を思い出すヒントくらいにはなるでしょう。

ただし、月はフランス語では lune なので lundi、英語では moon なので monday というところは、かなり違っています。また土曜日 samedi は「休息日 Sabati dies 」、日曜日 dimanche は、「神の日 dies dominucus 」というラテン語に由来し、「太陽の日 Sunday 」ではありません。このあたりは、カトリック教会が強かった歴史が垣間見えて興味深いですね。

歴史と言えば、オランダ語で日曜日を Zondag といい、これが日本語の「どんたく」(休日)となり、そこから「半ドン」(午後から休み)という表現が生まれた、という説明を聞いたときには、とても驚きました。そんなところに外国語が入っていたとは。「半ドン」は死語と化していましたが、土曜通学が復活すれば、この言葉もまた普及するようになるのでしょうか。余談ながら、気になるところです。

歌で曜日を憶えよう



bird dog

人気ブログランキングへ
勉強になったらクリックお願いします
スポンサーサイト

Comments:2

Kiwa URL 2013-04-25 (木) 10:46

Samediの語源はSaturneではありません。「安息日」を意味する言葉から来ています。その点では英語のSaturdayの方があてはまりますね。

cyberbloom URL 2013-05-01 (水) 22:53

ご指摘ありがとうございました。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://frenchbloomcafe.blog.fc2.com/tb.php/23-18cc0e01
Listed below are links to weblogs that reference
曜日は神々の名前から from 仏検対策&フランス語学習サイト

Home > フランス語表現(初級) > 曜日は神々の名前から

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。