FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > レミゼでフランス語 ! (1) コゼットとの出会い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://frenchbloomcafe.blog.fc2.com/tb.php/25-b9963fdc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 仏検対策&フランス語学習サイト

Home > スポンサー広告 > レミゼでフランス語 ! (1) コゼットとの出会い

Home > 映画でフランス語 > レミゼでフランス語 ! (1) コゼットとの出会い

レミゼでフランス語 ! (1) コゼットとの出会い

Les Miserables (Le Livre de Poche)『レ・ミゼラブル』の「見知らぬ男と並んで暗闇を歩くコゼット」(第2部第3篇第7章)からの引用です。先に「ミリエル神父と銀の燭台」のシーンを出すべきですが、この会話には Quel âge as-tu ? や Comment t'appelles-tu ? など、平易な表現が多いので先に取り上げてみました。

—Petite, quel âge as-tu ?
—Huit ans, monsieur.
—Et viens-tu de loin comme cela ?
—De la source qui est dans le bois.
—Et est-ce loin où tu vas ?—À un bon quart d'heure d'ici.
L'homme resta un moment sans parler, puis il dit brusquement :
—Tu n'as donc pas de mère ?
—Je ne sais pas, répondit l'enfant.
Avant que l'homme eût eu le temps de reprendre la parole, elle ajouta :
—Je ne crois pas. Les autres en ont. Moi, je n'en ai pas.
Et après un silence, elle reprit :
—Je crois que je n'en ai jamais eu.
L'homme s'arrêta, il posa le seau à terre, se pencha et mit ses deux mains sur les deux épaules de l'enfant, faisant effort pour la regarder et voir son visage dans l'obscurité.
La figure maigre et chétive de Cosette se dessinait vaguement à la lueur livide du ciel.
—Comment t'appelles-tu ? dit l'homme.
—Cosette.

★物語を語る部分は複合過去を使わず、文章体の過去である単純過去が用いられています。ふだんあまり使わないので活用を忘れそうになります(笑)。
6行目の L’homme resta…:restaはrester の単純過去
rester (-er動詞)の単純過去の活用は
je restai tu restas il resta nous restâme vous restâte ils restèrent
不規則動詞の単純過去を拾ってみると、dit→dire reprit→reprendre mit→mettre eût eu→avoir(前過去)
単純過去はこのくらいにして、会話の部分を中心に見ていきましょう。
★quel âge as-tu ?:quel は男性単数の名詞に付く形です(quel quelle quels quelles)。vous を主語にすると、quel âge avez-vous ? そう聞かれた場合は J’ai huit ans と答えます。
★De la source qui est dans le bois.:qui は関係代名詞。主語として働き、先行詞は人でもモノでもOK。
★Et est-ce loin où tu vas ?:où は関係副詞。先行詞を伴わずに「~するところ」を意味します。
★A un bon quart d’heure:un quart d’heure は4分の1時間=15分、bon は「十分な、たっぷりの」の意味で、「たっぷり15分はかかるところ」。
★Tu n'as donc pas de mère ?:de は否定の冠詞。直接目的語に付く不定冠詞と部分冠詞は否定文で de になります。
★Les autres en ont.:en=des mères, en は中性代名詞で、「部分冠詞+名詞、不定冠詞の des+名詞、否定の de+名詞」の代わりになります。Moi, je n'en ai pas. や je n'en ai jamais eu.の場合はen=de mère です。
★Comment t'appelles-tu ? お馴染みの相手の名前を聞く言い方。vous を主語にすると、Comment vous appelez-vous ? そう聞かれた場合は Je m’appelle Cosette と答えます。

☆会話の中で使われている動詞の不定詞を書きましょう。答えは最後にあります。
viens→
vas→
sais→
crois→

【対訳】
「お嬢ちゃん、いったいいくつになるの」
「8つです」
「遠くから来たの?こんな荷物を運んで」
「森の中の泉から」
「で、遠くまで行くの?」
「ここからたっぷり15分はかかるところ」
男はいっとき口をつぐみ、不意に言った。
「それじゃお嬢ちゃんにはお母さんがいないんだね」
「知らない」とコゼットは答えた。
男が言葉を返す間もないうちに、コゼットは言い足した。
「いないと思うわ。ほかのみんないるのに。私はいないの」
そして少し黙ったあと、また口を開いた。
「お母さんなんて、私には初めからいなかったと思う」
男は立ち止まって、水桶を地面に降ろした。腰をかがめ、両手でコゼットの両肩をそっとつかんだ。じっとコゼットを見つめて、どんな顔なのか、闇のなかで見極めようとした。
青白い空の光に、ぼんやりとコゼットのやせてひ弱な顔が浮かびあがった。
「名前はなんというの」と男はきいた。
「コゼット」

【レミゼ秘話】
『レ・ミゼラブル』は5部構成になっていて、第1部ファンティーヌは1862年3月30日にまずブリュッセルで出版されました。4日遅れの4月3日にパリで出版された。第1部は出版から1週間余りの4月10日には第1刷が売り切れになりました。

それから1か月後の5月11日付の手紙でパリ滞在中のユゴー夫人がパリの読者の熱狂ぶりを亡命先のユゴーに書き送っています。そのころユゴーは英仏海峡のガーンジー島にいました。ユゴー夫人の手紙によると、いくつもの工場で労働者たちが1フランを出し合い、12フランをカバンに入れてレミゼを買いに行ったと言います。みんなでくじを引いて当たった者がみんなで回し読みをしたあと、小説を自分のものにできました。

つまりレミゼはあらゆる階層の人々をとりこにしていたということです。キャラの立ったレミゼの登場人物は常に人々の話題に上っていたようです。レミゼによってユゴーの懐には30万フラン(現在の3億3千万円相当)が入り、レミゼを出版したブリュッセルの出版元のアルベール・ラクロワには62年の出版から68年の7年で純益として51万7千フラン(6億円相当)が転がり込みました。

第2部「コゼット」と第3部「マリユス」の発売日、4万8千冊の膨大な数の本が天井にまで積み上げられた発売元の店には、早朝から取次業者や書店の店員たちが押し掛け、押し合いへし合いの大騒ぎ、警察官まで出動しました。あらゆる種類の馬車が本を運ぼうと集まってきて、前代未聞の光景にパリの人々は唖然としていたといいます。時代は違いますが、村上春樹の小説の発売日の喧騒を彷彿とさせますね。村上春樹の最新作『多崎つくる…』は発売後7日で部数が8刷100万部を突破したようですが、20世紀の1960年から1984年のあいだの25年間の『レ・ミゼラブル』の総売上を見ると、500万部近くに達していて、3つの世紀をまたいで売れ続けていることがわかります。もっともその6割は子ども向けのダイジェスト版のようですが。

【対訳】と【レミゼ解説】は以下の本を参照しました。映画やミュージカルもいいですが、レミゼを原文で親しむ入門書にうってつけ!

「レ・ミゼラブル」を読みなおす
稲垣 直樹
白水社
売り上げランキング: 127,887


問題の解答
viens→venir vas→aller sais→savoir crois→croire


仏検コンシエルジュ

人気ブログランキングへ
↑ライターたちの励みになりますので、ぜひ1票=クリックお願いします!
FBN-banner03.jpg
↑精鋭ライターによる投稿ブログ、こちらも読んでね!
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://frenchbloomcafe.blog.fc2.com/tb.php/25-b9963fdc
Listed below are links to weblogs that reference
レミゼでフランス語 ! (1) コゼットとの出会い from 仏検対策&フランス語学習サイト

Home > 映画でフランス語 > レミゼでフランス語 ! (1) コゼットとの出会い

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。