FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > フランスの民謡で身体の部位を憶えよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://frenchbloomcafe.blog.fc2.com/tb.php/6-d4e0de22
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 仏検対策&フランス語学習サイト

Home > スポンサー広告 > フランスの民謡で身体の部位を憶えよう

Home > ボキャブラリーと発音 > フランスの民謡で身体の部位を憶えよう

フランスの民謡で身体の部位を憶えよう

フランスの民謡「踊るジャンプチ Jean Petit qui danse 」を使って身体の部位を憶えましょう。次々と新しい言葉が加わっていきます。歌の由来は、ポワティエの戦い(1356年、プランタジネット朝イングランドとヴァロワ朝フランスのあいだで戦われた百年戦争の一環)で敗れ、捕虜になったフランス王、ジャン2世をあざけったものと言われています。曲はフランスの15世紀の民謡の典型的なものと言われていますが、動画のヴァージョンのアレンジも良いですね。途中のスローな部分は、哀愁に満ちていて、北島のサブちゃんを彷彿とさせます。

'Jean Petit qui danse' (踊るジャンプチ @youtube)

Jean Petit qui danse 踊るジャンプチ。qui は関係代名詞
De son bras Jean petit danse.ジャンプチは彼の腕を使って踊る。
Ainsi danse Jean Petit ジャンプチはそうやって踊るのさ。

・danse ⇒danser(踊る:不定法が -er で終わる規則動詞です)
・de son bras(彼の腕手を使って):bras の代わりに様々な体の部位が入ります。歌を繰り返し聴きながら、身体の部位の名称をおぼえましょう。終わりの超高速の部分についていけるかな。
・bras は男性名詞なので son (彼の)が付いていますが、女性名詞の場合は女性形の sa が付きます。
・épaule のように女性名詞でも、母音(または無音の h )で始まる名詞の場合は son を使います。

bras (ブラ 腕 m) ⇒son bras
main (マン 手 f)  ⇒sa main
doigt (ドワ 指 m)  ⇒son doigt
jambe (ジャンブ 脚 f)  ⇒sa jambe
pied (ピエ 足 m)  ⇒son pied
ventre (ヴァントル 腹 m)  ⇒son ventre
épaule (エポール 肩 f)  ⇒son épaule
fesse (フェス 尻 f)  ⇒sa fesse
cœur (クール 心 m)  ⇒son cœur
tête (テット 頭 f)  ⇒sa tête

※ m(男性名詞) f(女性名詞)

今風のテクノバージョンもありますよ

★身体の部位が出てきたついでにこの表現をおぼえましょう。
J’ai mal à la tête.(私は頭が痛い)
Elle a mal au pied.(彼女は足が痛い)
Vous avez mal aux dents?(あなたは歯が痛いのですか)

avoir mal à 定冠詞+体の部位:~が痛い
à+le と à+les が並んだ場合、au と aux にそれぞれ縮約されます。
dents (歯 f.pl)


仏検コンシエルジュ

人気ブログランキングへ
↑勉強になったら、ぜひクリックお願いします!
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://frenchbloomcafe.blog.fc2.com/tb.php/6-d4e0de22
Listed below are links to weblogs that reference
フランスの民謡で身体の部位を憶えよう from 仏検対策&フランス語学習サイト

Home > ボキャブラリーと発音 > フランスの民謡で身体の部位を憶えよう

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。